January 24, 2020 / 3:52 AM / a month ago

「国の競争力」を評価する試み【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*12:47JST 「国の競争力」を評価する試み【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
多くの機関が「国の競争力評価」という難題に取り組んでいる。ダボス会議を主催する世界競争力フォーラムは、直近の「世界競争力報告」で日本を6位と評価した。141ヵ国を対象として、12分野にわたる103変数で評価した結果である。知名度の高さや歴史に加え、MECEな作成コンセプトが当ランキングの特徴だ。一方、コモン・ロー採用国に有利との批判や、(MECEであるが故に)競争力の差の源泉が読み取りづらいという悩みも抱える。

評価者によって順位は大きく異なる。1990年に「国の競争優位」を刊行したマイケル・ポーターは「国の競争力」(2005年)で、日本の成長力指標を12位、ビジネス競争力指標を8位と評価した。PWCの「世界の都市力評価2016」では、東京は15位と評価された。

やや変わり種のものでは、世界銀行の「Ease of doing business ranking(2020年)」で日本は29位と、森記念財団の「世界の都市総合ランキング2019」で東京は3位と評価された。前者は「事業のしやすさ」に焦点を絞る一方、後者は文化・交流、居住といった要素も勘案した都市評価である。US News World and Reportの「2020年Overall Best Countries Ranking」で日本は3位と評価されたが、サブランキングの軍事的、政治的、経済的な力は7 位とされた。「国の競争力」を考える上では、複数の評価を参考にしつつ、国の特徴を浮き彫りにすることが肝要となろう。日本が優れているのは「規模感、安定性」、劣後しているのは「柔軟性」のようにも見える。


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below