January 27, 2020 / 1:32 AM / a month ago

欧州のエネルギー調達とドル依存度【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*10:26JST 欧州のエネルギー調達とドル依存度【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
ユーロ圏が独自の経済ブロックを構築する上で一つの鍵となるのが「エネルギーの調達とドル依存度」である。ユーロ圏のエネルギーと食糧の輸入(鉱物性燃料・潤滑油と食料品および動物の合算値)は56兆円(2009~18年平均)。ちなみにユーロ圏の経常黒字は2009~18年平均が21.7兆円、2018年単年は43.0兆円であり、ユーロ圏が独自の経済圏として自立する上で、現状は安定感を欠く印象を受ける。

ユーロが主流のヨーロッパでも、原油輸入のドル依存度は高い。EUの原油輸入のドル依存度は、2010年の78.7%から2018年は88.3%に上昇した。ドイツのようにドル構成比が低い(54.3%)国もあるが、そういった国は限定的である。

ヨーロッパのエネルギー輸入元を見ると、「ロシア+CIS」の構成比は2014年の50.4%から18年の50.1%と横ばいである一方、中東構成比は17.3%から23.2%に若干上昇した。上記のドル依存度上昇と整合的である。2011年にロシア・ドイツ間をつないだ天然ガスパイプライン「ノルド・ストリーム」が稼働したことに加え、向こう数ヵ月で「ノルド・ストリーム2」も完成予定と報じられているが、パイプラインでのロシアからのガス輸入量は横ばい圏にとどまる。


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below