February 6, 2020 / 10:46 PM / 22 days ago

NYの視点:米国の景気見通し強まる、ドルも高値探る展開へ


*07:36JST NYの視点:米国の景気見通し強まる、ドルも高値探る展開へ
米中第1段階貿易合意を受けて、中国財政部は6日、750億ドル相当の米製品に対する報復関税の税率を半分にすると発表した。一部に対して課せられていた報復関税率を10%から5%へ、米国産石油や大豆など他の産品に対する関税率を5%から2.5%にそれぞれ引き下げる。

米国政府はすでに2月14日から1200億ドルの中国製品に対する関税を現行の15%から7.5%に引き下げることに対応する。同時に、米国政府は2500億ドルに対する関税は維持。ムニューシン財務長官は第2段階貿易協定の交渉次第でさらに関税を優遇する可能性があるとした、しかし、まず第1段階の合意の実行に焦点を当てるとした。

ダラス連銀のカプラン米総裁は「貿易のさらなる安定は世界経済の堅調な成長に役立つ」としており、2020年の米国国内総生産(GDP)の見通しで2.25%成長を予想している。ボーイングの受注低迷や新型肺炎の感染拡大の問題がなければ成長はより強まっていたと強気な見解を示している。ムニューシン財務長官もやはり、ボーイングが0.5%ポイント成長を引き下げるため2020年のGDPで3%成長の達成は難しいとの考えを示した。新型肺炎の感染拡大が経済に与える影響は依然未知で、リスクになりうる。しかし、ムニューシン米財務長官は短期的に中国経済を害すると見ているものの、米国経済への影響は今のところ限定的にとどまると見ている。

雇用は依然強く賃金も上昇しており消費や住宅市場に貢献する。関税が徐々に取り除かれると製造業活動も回復し成長に一段と寄与する。ドル指数も一目均衡表の雲を突破したほか、重要な節目である200日移動平均水準の97.73も上回っていることから、高値を探る展開が続くと予想される。





《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below