February 12, 2020 / 12:45 AM / 8 days ago

2019年の金市場、ロシアと中国は「米ドル離れ」【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*09:39JST 2019年の金市場、ロシアと中国は「米ドル離れ」【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
World Gold Councilが「2019年の金市場」をまとめている。2019年通年の金供給は4,776トン、金需要は4,356トンであり、全体では供給超過となったようだ。供給面では、鉱山からの産出が前年比1%減となったが、リサイクルとヘッジ売りの影響が上回り、全体では前年比2%の増加となった。一方の需要は前年比1%減であった。ETFなどの投資需要は増加したが、年後半に(宝飾品などの)消費者需要が鈍化したことが影響したと見られる。

中央銀行からの需要は前年から5.9トン減少した。ただし、購入量の水準は650.3トンと過去50年で2番目となる(ちなみに購入量が最大であったのは2018年であった)。2019年に金準備を増加させた国は、ロシア、ポーランド、中国、トルコ、カザフスタン、インドなど、減少させた国は、オーストラリア、ドイツなどであった。ロシアと中国は、米国債保有を減らしてきたという点で共通している。一方で金準備を増加させている点も共通していることから、「米ドル離れ」を着実に進めようとしていると見ることもできるだろう。


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below