March 24, 2020 / 10:44 PM / 9 days ago

NYの視点:米国は過去最大級の経済支援へ、世界恐慌回避できるか


*07:38JST NYの視点:米国は過去最大級の経済支援へ、世界恐慌回避できるか
新型ウイルスの蔓延で、世界の主要都市が封鎖に踏み切り、中小、大手含め様々な企業や小売り店が製造停止や休業に追い込まれ経済活動が停止、失業者数の急増や世界経済が恐慌に陥るとの不安が募っている。

米国経済指標の結果でも、景気の急激な悪化が表れ始めている。マークイットが発表した米国の3月製造業PMI速報値は49.2と、予想43.5を上回ったが、2009年8月来で最低。内訳で重要項目の新規受注は46.8と、2月50.4から50割れの活動縮小に転じ、2009年8月来で最低を記録した。雇用指数も2009年10月来で最低。3月サービス業PMI速報値は39.1と、予想42.0を下回り過去最低を記録した。総合PMI速報値は40.5と、2月49.6から低下し、統計開始以来で最低を記録した。新規受注は40.7と、2月50.2から50割れの活動縮小に落ち込み、統計開始以来で最低。雇用も2009年12月来で最低となった。

欧州は歴史上最悪の景気後退に陥ると見られている。国際通貨基金(IMF)も2020年のリセッションが2008年金融危機以上に深刻化すると警告。景気悪化を抑制すべく日本をはじめ財政出動に消極的であったドイツまでも経済支援策を検討している。また、世界最大の経済を持つ米国でもクドロー国家経済会議(NEC)委員長は経済支援策として財政で2兆ドル、米連邦準備制度理事会(FRB)が4兆ドル規模の流動性を供給することになり合計で6兆ドルと経済支援策としては過去最大規模にのぼるとしている。今後、果たして大規模支援が米国のみならず世界経済を救済することができるかが焦点になる。





《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below