April 28, 2020 / 1:17 AM / a month ago

自然災害とコロナショック【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*10:09JST 自然災害とコロナショック【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
エーオンの調査によると、2019年の自然災害による経済的損失は総額2,320億ドルであった。トップは日本の「10月台風」と中国のモンスーン洪水(6~8月)であり、経済的損失はそれぞれ150億ドルであった。日本からは「10月台風」の他にも、「9月台風」(100億ドル)が第3位の自然災害とされた。1900~2019年についても、トップは日本の東日本大震災(2011年、2,650億ドル)であり、第2位が阪神大震災(1995年、1,030億ドル)であった。トップ10にはランクインしていないが、2016年の熊本大地震による経済的損失も410億ドルと小さくない。日本の自然災害の多さを再認識させる結果と言えるだろう。

防災白書によると、1948~2018年の日本では(死者及び行方不明者の合計が50人以上の)風水害は91件、主な地震災害は60件、それぞれ発生した。対象となった71年のうち、どちらも発生しなかったのは15回にとどまる一方で、そのうち25回は風水害と地震災害の両方が発生した。単純計算では、ほぼ8割の確率で風水害か地震災害のいずれかが発生し、35%の確率で両方が発生することになる。「今年、自然災害は起こらない」と決めつけるのは、あまりにもリスクが高い。

3月22日、クロアチアでは新型コロナウイルスの感染が広がる中、マグニチュード5.5の地震が発生した。現地では厳しい復興作業となっており、地震と感染の両方に苦しめられている。新型コロナウイルスの感染者の推移に目を奪われがちであるが、自粛活動を要請される中、日本でも自然災害が発生しないとは限らない。さらなる「想定外」を招かないためにも、最悪の事態に備えたシナリオプランニングが求められよう。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below