May 7, 2020 / 4:56 AM / a month ago

新型コロナウイルスとBCG仮説【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*13:49JST 新型コロナウイルスとBCG仮説【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
新型コロナウイルスによる日本人の致死率、感染率が低い要因として、BCGワクチンの有効性が注目されている。4月23日にMedRxivに投稿されたShivendu Shivenduらによる「Is there evidence that BCG vaccination has non-specific protective effects for COVID 19 infections or is it an illusion created by lack of testing?」(プレプリント)では、「BCGワクチン接種がCOVID19疾患の発症に与える影響」に関する最近の7つの研究結果がレビューされている。

「BCG仮説」に肯定的な研究は、国家予防接種プログラムでBCGをカバーしている国では、症例数と死亡率が大幅に低いことを示す十分な経験的証拠があると主張している。Shet et al、Berg et al、Hegarty et al、Miller et alによる分析に加え、「BCGワクチンは新型コロナウイルスに有効か?【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】」(※)で紹介した「Association of BCG vaccination policy with prevalence and mortality of COVID-19」もその一つである。

一方、「BCG仮説」に否定的なものもある。冒頭のペーパーは、独自の研究部分で、検査が考慮されていない場合、COVID 19に起因する死亡率と国の予防接種プログラムに含まれている国のBCGワクチン接種との関係については他の研究と同様の結果が得られるが、検査の次元を追加すればこの関係はなくなるとした。

また、香港科技大学の川口氏は、BCG開始年、終了年といった境界では、症例数の非連続な低下は見られなかったとして、BCG仮説は支持されないとの見方を主張している。愛知学院大学の浅原氏は、ダイヤモンド・プリンセス船内と世界各国の国毎の比較解析をすることで、感染症がその国に広がり始めたタイミングで補正をかけると、先行研究の大きな効果は消えるか、かなり減少すると主張している。臨床研究の結果が出ていない中での仮説提唱にも否定的な見方が示されている。

(株式会社フィスコ 中村孝也)

※:here


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below