May 13, 2020 / 12:14 AM / 17 days ago

外貨準備が急減するトルコ【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*09:07JST 外貨準備が急減するトルコ【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
トルコリラの下落が続いている。対ドルでのトルコリラ相場は、5月7日に2018年安値を下回った。トルコの外貨準備高は、2013年をピークに2018年まで減少が続いてきたが、2019年にはやや持ち直していた。2月28日時点では774.13億ドルあったが、コロナショックによる新興国からの資金流出を受けて3月以降急減し、5月1日時点では514.57億ドルとなった。2019年9月末時点での対外債務残高4,334億ドル(ドル建て比率は59.2%、短期対外債務比率は26.9%)と比較すると、外貨準備高の水準は心許ない。

トルコの経常収支は2010~19年平均で4.1兆円/年の赤字である。同期間の貿易収支は6.2兆ドル/年の赤字であった。2019年は輸入減少の影響などから久方ぶりの経常黒字を記録していたが、2020年に入り、1~3月は貿易赤字が続いている。輸出構成比では、自動車・同部品、機械機器、鉄鋼などの構成比が高く、輸入は鉱物性燃料、機械機器などの構成比が高い。2018年の鉱物性燃料の輸入は4.7兆円、食料品(未加工、加工)の輸入は1兆円程度と見られる。

高金利を背景に海外からの資金を引き付けてきたトルコだが、恒常的な経常赤字構造を変えることができておらず、投資家のリスク許容度が低下する局面で、その脆弱性が顕在化した格好となった。浮上するIMF支援要請観測に対して、エルドラド大統領は否定的な発言を繰り返す一方、3月27日には「米連銀は(トルコを含む)全てのG20 加盟国とドル・スワップ協定を結ぶべき」と訴えているが、これまでのところ奏功していない。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below