May 20, 2020 / 11:07 PM / 3 months ago

NYの視点:FRBの見通しはかなり悲観的、追加措置を模索=4月FOMC議事録


*08:01JST NYの視点:FRBの見通しはかなり悲観的、追加措置を模索=4月FOMC議事録
米連邦準備制度理事会(FRB)は4月28−29日に行われた連邦公開市場委員会(FOMC)の議事録を公表した。FRBはこの会合で事実上のゼロ金利政策と量的緩和の継続を決定。新型ウイルスの感染が拡大傾向にあったこの会合で、ウイルスパンデミックがかなりの不透明性を生み、中期的な経済活動の著しいリスクになると、かなり悲観的な見通しを示した。一部のビジネスはもはや存在能力がない可能性も指摘した。

最も懸念されているシナリオは、年末に感染が再び拡大すること。感染の「第2波」が起れば、企業は新たなプロジェクトに取り組んだり、一時解雇した従業員の再雇用や設備投資などを躊躇することになると言及。規制が再度導入され、企業の倒産にも拍車がかかる。

さらなる脅威として銀行の脆弱性を挙げている。企業の破綻が銀行セクターに影響する可能性を警戒。一部金融機関の潜在的な破綻も警戒しているようだ。銀行はこのようなシナリオをもとに、配当や自社株買いなどを制限する必要があると一部メンバーは指摘している。

また、高い失業率も懸念材料のひとつとなっている。

こういった状況を背景に、メンバーは、政策総動員し経済を支援していくことを公約することで合意した。

追加緩和の手段としては、追加量的緩和(QE)、フォワードガイダンスをより明確化する(時期を設定したり、データをベースを基準)、短期・中期債の利回りの上限を設定する(イールドカーブ、利回り)などの意見が出されたようだ。FRBの見通しはかなり悲観的で、追加緩和も視野に入れており、当面は金利先安感にドルも軟調に推移する可能性がある。

●追加緩和のオプション
・追加量的緩和(QE)
・フォワードガイダンスをより明確化する。時期を設定したり、データをベースにする
・短期・中期債の利回りの上限を設定する(イールドカーブ、利回り)





《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below