for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

6月3日のNY金市況—NYダウ上昇で安全資産の金は売りが強まる サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)


*17:05JST 6月3日のNY金市況—NYダウ上昇で安全資産の金は売りが強まる サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。今回は6月3日のNY金についてのレポートをご紹介します。

陳さんはまず3日のNY金について、『新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた景気が回復に向かうことへの期待感を背景に続落した。1704.80ドル(−29.20)』と伝えています。『米国では、新型コロナの感染拡大で停滞した経済活動を再開する動きが続いている。最大都市NY市でも8日から、段階的な再開に踏み出す見通し』とのことです。

5月米ISM非製造業景況指数(NMI)は、『45.4と前月の41.8より改善した』ようです。また、5月ADP全米雇用報告では、『非農業部門民間就業者数が前月比276万人減と、4月(1955万7000人減)から減少幅が大きく縮小。市場予想の900万人減も大幅に上回った』と伝えています。

金が売りを強めた背景については、『景気の立ち直りが期待されNYダウが上昇したため、安全資産である金は売りが強まり一時1700ドルを割り込んだ』と説明しているほか、『エスパー米国防長官が、全米各地に飛び火した人種差別への抗議デモが暴動に発展している問題について、連邦軍を動員して鎮圧に当たらせることに反対の立場を示したことも国内リスクを低減させたようだ』と分析しています。一方、『世界的な金融緩和策は利子を産まない金にとっては長期的なサポート要因』であるとしています。

ちなみに、金ETFは『3日時点で1133.37トン。前日比+4.09トン』とのことで、『年初から26.9%増』だったようです。

参考にしてみてください。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の6月4日付「6月3日海外市況」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up