for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「サプライチェーン対策補助金」はどの程度有効か?【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*13:02JST 「サプライチェーン対策補助金」はどの程度有効か?【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
第1次補正予算では「サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金」(※)として2,200億円が計上されている。コロナショックをきっかけにサプライチェーンの再構築が喫緊の課題となったことを受けて、措置されたものである。この「サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金」は、一般社団法人環境パートナーシップ会議を基金設置法人、みずほ情報総研株式会社を事務局として、公募が始まっている。期間は2020年5月22日~7月22日であるが、既に先行審査も行われているようだ。1社当たりの補助金上限額は150億円である。

対象事業は、
A事業:生産拠点の集中度が高い製品・部素材の供給途絶リスク解消のための生産拠点整備事業であり、(1)生産拠点の集中度が高い製品・部素材の国内での生産拠点整備事業か、(2)生産拠点の集中度が高い製品・部素材を極力使用しない技術を活用した生産を行う生産拠点整備事業、のいずれかに該当する事業、
B事業:一時的な需要増によって需給がひっ迫するおそれのある製品・部素材のうち、国民が健康な生活を営む上で重要なものの生産拠点等の整備事業、
C事業:(1)複数の中小企業等のグループによる共同事業、(2)事業Aに該当する事業、(3)グループ化メリットを有する事業、の全てを満たす事業、の3種類である。

A事業については、生産拠点の集中度と設備機械措置の先端性を、B事業については需給ひっ迫性と国民が健康な生活を営む上で重要なものであることを、企業側が示す必要がある。補助金であるから当然でもあるが、申請のハードルは必ずしも低くない印象を受ける。

補助金の認可状況が公表されれば、政策の有効性も評価できるだろうし、先行して国内回帰を促進している台湾の状況とも比較ができるだろう。一見したところ、国内での新規設備投資を促進する効果はありそうだが、海外での設備投資計画を変更させたり、既存の海外設備投資を国内に移管させたりするほどの効果は期待しづらそうだ。実際、公募要領でも「サプライチェーン対策のための国内投資促進事業費補助金は7年ぶりの全国どこでも事業が可能な立地補助金」と説明されており、「国内設備投資促進の一環」という位置付けである。

(株式会社フィスコ 中村孝也)

※:here


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up