June 15, 2020 / 10:44 PM / 21 days ago

NYの視点:米6月NY製造業指数、低い水準で安定、将来の雇用に期待感


*07:36JST NYの視点:米6月NY製造業指数、低い水準で安定、将来の雇用に期待感
米国の製造業活動に回復の兆候が見られた。米国の6月NY連銀製造業景気指数は‐0.2と、4カ月連続のマイナスとなったものの予想-29.6を大きく上回った。4月から2カ月連続で改善。5月の‐48.5からの上昇幅は2001年以来で最大を記録。ただ、依然ゼロを下回っており、活動は縮小の領域を脱していない。

重要な項目である新規受注は−0.6と、前月から42ポイント上昇。6カ月平均も上回った。出荷は3.3と4カ月ぶりのプラスに改善。平均は‐13。6カ月先の景況指数も56.5と、2009年10月以降で最高。製造業は新規受注や出荷の増加を見込み、それに伴い、雇用を再開させる見通しを示していることは労働市場にとり朗報となる。6カ月先の雇用指数は19.0と、ほぼ1年ぶりの最高となった。

現状の労働市場はさえず、雇用者数は‐3.5と、改善基調にあるものの依然4カ月連続でマイナス。平均就業時間も‐12と4カ月連続のマイナスだった。

■米国6月NY連銀製造業景気指数:‐0.2(5月‐48.5、6カ月平均‐21.8)
新規受注:−0.6(−42.4、−15)
仕入れ価格:+16.9(+4.1、18)
販売価格‐0.6(−7.4、4.1)
出荷:3.3(−39.0、−13)
入荷遅滞:1.3(−4.1、2.7)
在庫水準:−0.6(−3.4、+0.7)
受注残:−12.5(−20.3、−7.7)
雇用者数:‐3.5(−6.1、−8.5)
週平均就業時間:−12.0(−21.6、−17.6)

6カ月先

景況指数:56.5(29.1、23.4)
新規受注:52.9(35.0、29.4)
仕入れ価格:+25.6(+20.3、29.5)
販売価格:7.5(2.0、13.3)
出荷:53.1(33.3、29.9)
入荷遅滞:0.6(−4.7、0.2)
在庫水準:−5.6(0.7、−0.3)
受注残:1.9(0、+1.8)
雇用者数:19.0(10.4、12.0)
週平均就業時間:5.0(8.1、7.1)

同指数は6月の製造業動向を見極める最初の指標となった。ウイルス第2波を警戒し回復ペースは低調ながら、経済がとりあえず底入れしたとの見方が強まりつつある。より動向が鮮明にわかるフィラデルフィア連銀景況指数に注目が集まる。





《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below