for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:米FRB、危機体制崩さす=パウエル議長議会証言


*07:40JST NYの視点:米FRB、危機体制崩さす=パウエル議長議会証言
米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は2日間にわたる上下院での半期に一度の金融政策に関する証言において、いまだに危機体制を崩していないことを明らかにした。議長は最近見られる予想を上回る米国経済指標の結果に「米国経済は回復開始の初期段階」との判断で、7月にかけて強い雇用の増加を予想しているとの見解を示した。しかし、経済が危機前の水準を大幅に下回っており、FRBは現時点では利上げを考えることも考えておらず、バランスシートの縮小に踏み切るまでにはかなりの時間がかかるとした。このため、回復を支援するためにかなりの長期間、ゼロ金利や量的緩和(QE)を据え置く必要があるとの考えを繰り返した。「現状で、バランスシートの規模を懸念すべき時ではない」とし、必要とあれば追加措置の可能性も除外しない考え。

2500万人の失業者を復職させるのは容易ではなく時間がかかると警告し、議会に失業者や小企業を支援するために財政支援が不可欠になると訴えた。

追加金融政策の手段では、「イールドカーブコントロールの導入に関して決定はしていない」としたほか、「マイナス金利は米国にとり適切ではない」との見方を改めて明らかにしている。米国の金利先安感は根強く、当面ドルの戻りは鈍そうだ。

●パウエルFRB議長証言ポイント
・金融政策
「現状のバランスシートの規模を懸念すべき時ではない」
「バランスシートの縮小は当面先」
「FRBは長期にわたり、手段を解消することは考えていない」
「バランスシート縮小を検討するには、かなりの時間がかかる」
「利上げすることを考えていない」

・経済
「7月にかけて強い雇用の増加が予想される」
「米国経済は回復開始の初期段階」
「経済の回復の道のりは長い」

・追加手段
「イールドカーブコントロールの導入に関して決定はしていない」
「FRBは米国にとりマイナス金利が適切だと考えていない」




《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up