June 29, 2020 / 12:28 AM / 2 months ago

アフターコロナに問われる「デジタル競争力」【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*09:20JST アフターコロナに問われる「デジタル競争力」【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
コロナショックをきっかけに、グローバル化で安い生産拠点と成長市場を求めた今までの「グローバリゼーション型経済」から、デジタルでの効率性を高める「消費者余剰型経済」への転換が見込まれる。その過程で「デジタル経済の成長」に注目するのであれば、今後の資産配分を考える上で「デジタル競争力」も一つの視点となりえるだろう。

IMDの「世界デジタル競争力報告書」は、知識、テクノロジー、将来への準備という51項目の観点から、世界63ヵ国のデジタル競争力を評価している。2019年の世界デジタル競争力ランキングは、米国、シンガポール、スウェーデン、デンマーク、スイスが世界のトップ5であった。

日本は63ヵ国中23位であり、2018年より順位を1つ下げた。アジア太平洋地域の中でも14ヵ国中8位にとどまる。日本は「国際経験」、「機会と脅威」、「企業の機敏性」、「ビッグデータの活用と分析」の4項目が最下位であった。一方、「高等教育における教員と生徒の比率」、「携帯通信の加入者」、「無線通信」、「世界におけるロボットの流通」、「ソフトウェアの著作権侵害(対策)」のように世界トップ3に入る項目もある。
総じて言うと、日本の強みは「インフラ面」で、弱みは「人材」にあり、このような評価は国全体の競争力にも一定程度当てはまる。IMDが6月に公表した「世界競争力報告書」では、日本の順位は30位から34位に後退した。もっとも米国も3位から10位に、中国は14位から20位にそれぞれ後退しており、「小規模経済の躍進」が今年のテーマであったようだ。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below