July 7, 2020 / 5:12 AM / a month ago

2期目の小池都政と国際金融都市TOKYO【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*14:07JST 2期目の小池都政と国際金融都市TOKYO【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
東京都の「国際金融都市TOKYO」に関連した政策目標としては、「世界に冠たる国際金融都市の実現」の項で、(1)官民一体の金融プロモーション組織の設立、(2)東京金融賞の創設・表彰、(3)東京版EMPファンドの設定、(4)ESG投資の普及促進、および、「外国企業の誘致」の項で、(5)都による金融系外国企業誘致数、が設定されている。この中で「都による金融系外国企業誘致数」には定量的な数値目標(2020年度:50社)が掲げられている。誘致実績は2017年度、2018年度の10社から、2019年度は14社に漸増しており、堅調な実績を受けて、2020年度目標は30社→40社→50社へと徐々に引き上げられてきた経緯がある。
海外金融機関が日本あるいは東京に進出する際の障害としては、税率の高さ、行政手続き、住環境などの問題などが指摘されることが多い。円滑な行政手続きを目的として、2015年4月に東京開業ワンストップセンターが開設された。外資系企業、国内ベンチャー企業等の開業を促進するため、国と都が共同で運営し、公証人による定款認証、登記、税務、年金・社会保険、在留資格認定証明書等の法人設立に係る手続が集約化されている。申請実績は2015年の51件から2019年は914件にまで増加した。もっとも外国人による申請実績は2017年が158件、2018年が233件、2019年が109件と、やや伸び悩みを見せている。
家事支援外国人材については、2017年に114人、2018年に653人、2019年に821人の受入が行われた。利用世帯数も2017年の2,000世帯から、2018年が16,000世帯、2019年が37,000世帯へと増加している。高度人材外国人の受入も、2019年9月に区域計画が設定され、運用開始に向けた準備が始められた。

一方、税率の高さについては、これまで先送り的な対応が目立った。特区内に進出する外国企業には税制優遇が設けられているものの、本質的な対応は避けられている。7月5日の東京都知事選では現職の小池百合子氏が2回目の当選を果たしたが、2期目の小池都政のもとでの「国際金融都市TOKYO」の本気度は、さらなる税制優遇に向けた取り組み(国への働きかけ)から見て取ることができるだろう。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below