July 13, 2020 / 9:06 AM / 22 days ago

コロナ下でも堅調に推移する中国の一帯一路投資【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*18:00JST コロナ下でも堅調に推移する中国の一帯一路投資【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
コロナショックで海外直接投資は激減している。UNCTAD(国連貿易開発会議)は、2020年の世界各国への海外直接投資総額が9,240億ドルと前年比で最大40%減少するという見通しを公表した。2005年以来の1兆ドル割れが見込まれている。2021年も5~10%の減少が予想されており、回復に転じるのは2022年という見通しである。

US-China Investment Projectの「Two-Way Street: 2020 Update US-China Investment Trends」によると、2020年第1四半期に米国企業が発表した新たな対中投資プロジェクトは23億ドルと、2019年の四半期平均(28億ドル)と比較すると僅かな減少にとどまった。一方、四半期ベースで見た中国から米国への対外直接投資は、2018年が27億ドル、2019年が20億ドルに減少し、2020年第1四半期は2億ドルにとどまった。

中国から米国への直接投資がほぼ完全に停止した状況下、コロナショックの影を全く感じさせないのが中国による一帯一路関係国への投資である。一帯一路投資は2013~2015年に拡大した後、多少の変動はあるものの、基本的に横ばい圏で推移している。2020年1~5月の一帯一路への非金融直接投資は6.53億ドルであった(前年比16%増)。投資先は、シンガポール、インドネシア、ラオス、ベトナム、カンボジア、マレーシア、カザフスタン、タイ、UAE、バングラデシュなど54ヵ国に上る。これまでのところ、中国の投資力に陰りは見られないようだ。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below