July 15, 2020 / 6:19 AM / in 24 days

メキシコペソ円はもち合い継続か サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)


*15:06JST メキシコペソ円はもち合い継続か サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。今回は、メキシコペソ円についてのレポートを紹介します。

陳さんは、まずメキシコの政策金利について、『下げ余地が出てきた』として、6月メキシコ消費者物価指数(INPC)について『上昇率は3.33%と前月から0.55%加速した。コアインフレ指数の上昇率は3.71%(前月比0.37%)』と伝えています。

また、『メキシコ中銀は6月25日、新型コロナウイルスの感染拡大で経済活動が著しく停滞していることを受け、主要政策金利を0.50%引き下げて5.00%に決定。利下げは9会合連続で、金利は2016年9月(4.75%)以降、最低水準となっている』と現状を説明しています。『メキシコ中銀金融政策決定会合議事録によると、さらに0.5%利下げを訴えているメンバーがいる』とのことで、『現在、政策金利が5%、インフレ率が3.33%なので、現在の実質金利は、5%−3.33%=1.67%。更に0.5%利下げすると、実質金利は1.67%-0.5%=1.17%まで低下する見込み』と伝えています。

続けて、8日には、米国とメキシコが首脳会談を開きました。この会談については、『米7月1日に発効したUSMCA(米国・メキシコ・カナダ協定)が大きな経済効果を生むとアピールした。米政権が鉄鋼とアルミニウムへの関税再発動も示唆するなか、カナダは欠席した。トランプ大統領とロベスオブラドール大統領は成果を誇示するための共同宣言も作成し署名した』と述べています。

メキシコの新型コロナウイルスの感染状況については、『感染拡大が懸念されている。10日のメキシコの感染者は1日当たり7000人と同国の最多を更新した。第1波を収束させないまま経済再開を急いだことが裏目に出たと見られている』としています。

こうしたことから、陳さんは、メキシコペソ円の動向について『もち合い継続か』と考察しており、レンジは『4.60円~5.20円』と予想しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の7月15日付「メキシコペソ円今週の予想(7月14日)」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜



《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below