July 16, 2020 / 9:11 AM / 24 days ago

アメリカ企業による香港の見方、目先冷静も中期的には懸念【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*18:09JST アメリカ企業による香港の見方、目先冷静も中期的には懸念【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
7月13日に香港米商工会議所による「AmCham Temperature Survey Findings : National Security Law」が公表された。在香港の米国企業183社を対象として、国家安全法に対する見方を質問したものであり(調査期間は7月6~9日)、6月1~2日に実施された調査(「国家安全法と香港の事業環境」)(※)に続くものである。全会員のうち回答率は15%と、必ずしも全体の傾向を表していない可能性もあろうが、香港の足元の事業環境を理解するには貴重な調査結果である。

それによると、全体の76%が国家安全法に懸念を示した(41%が非常に強い懸念、37%が若干の懸念)。また、過去1ヵ月では、68%が「懸念を強めた」とのことである。「個人的に香港を離れるか」という質問に対しては、7%が「近いうちに離れる」、48%が「中長期的に離れる」と回答した。前回調査では「個人的に香港を離れるつもりはない」という回答は62%であったが、今回は48%に低下した。

国家安全法の成立などを踏まえて、「引き続き様子見」という回答が67.8%と最多であった(前回は香港の優遇政策見直しを受けて、74%が「様子見」と回答)。また、64%が香港からの移管はないと回答。「金融センターとしての香港のゲームチェンジャーになるか」という質問については、45.9%が「Yes」と回答した。目先の冷静さは保たれているものの、中期的な懸念は一段と強まりつつあると見られる。

(株式会社フィスコ 中村孝也)

※:here


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below