July 27, 2020 / 2:48 AM / 15 days ago

「骨太の方針」に見る「デジタル通貨」と「金融センター」への意思【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*11:41JST 「骨太の方針」に見る「デジタル通貨」と「金融センター」への意思【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
7月17日に、骨太の方針「経済財政運営と改革の基本方針 2020~危機の克服、そして新しい未来へ~」が公表された。7月8日の経済財政諮問会議で示された「骨太方針の原案」は39ページであったが、最終的には41ページに増えた。ただ増加分は「コピペ批判」を受けた修正によるものがほとんどであり、基本的に内容が変わったわけではない。

「原案」から「最終版」にかけて変化したのが、「デジタル通貨」への言及である。具体的には「中央銀行デジタル通貨については、日本銀行において技術的な検証を狙いとした実証実験を行うなど、各国と連携しつつ検討を行う」という文言が、「サプライチェーンの多元化等を通じた強靭な経済・社会構造の構築」の項の末尾に追加された。「検討を行う」という姿勢に変わりはないが、僅か2行ではあっても、骨太の方針で正式に取り上げられたことを受けて、日本がデジタル通貨に積極化したという報道が相次いだ。7月20日に日銀が決済機構局内に「デジタル通貨グループ」を新設したことも報じられている。

一方、「金融センター」については、「世界・アジアの国際金融ハブとしての国際金融都市の確立を目指す」という表現で原案から変わらなかった。前年は「地域金融機関の強化」が掲げられていたが、今回は地域金融機関に関する言及が消えた。他方、地方創生色は引き続き強く、目次部分でも「東京一極集中型から多核連携型の国づくりへ」が掲げられている。
なお、同日に公表された「成長戦略実行計画」では、「国際環境への対応」の項に「国際金融ハブの実現」という単語が入っているが、「デジタル通貨」に関する言及はない。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below