July 30, 2020 / 1:06 AM / 17 days ago

貿易を通じてドル流出が継続する日本の存亡【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*10:00JST 貿易を通じてドル流出が継続する日本の存亡【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
2020年1~6月の日本の貿易収支は2.2兆円の赤字となった。2020年5月は0.8兆円の赤字、6月は0.3兆円の赤字である。コロナショックの影響がいまだ抜けきっていないと思われる中、5月から6月にかけては輸送用機器の輸出回復が、貿易収支の赤字縮小に貢献した。

もっとも日本の貿易収支は2017年が2.9兆円の黒字、2018年は1.2兆円の赤字、2019年は1.7兆円の赤字であり、徐々に赤字幅が拡大してきている。日本の貿易収支は、食料、エネルギー、原材料などに起因する貿易赤字と、自動車、機械などがもたらす貿易黒字とが綱引きするという構図であるが、後者では前者をカバーしきれなくなってきている点が明確である。

その結果、緩やかではあるものの、日本からは貿易を通じてドルの流出が続いている。2020年1~6月については、日本の輸出の通貨建比率はドル比率が48.3%、輸入の通貨建比率はドル比率が66.5%であった。1~6月の輸出は32.4兆円、輸入は34.6兆円であったので、1~6月は貿易を通じて7.4兆円のドルの流出が生じたことになる。日本はドルのストックが豊富であるため短期的には問題とはなるまいが、長期的な国の存続という観点からは事態は深刻であり、海外から資金を取り込む方策が不可欠である。
(株式会社フィスコ 中村孝也)


《SI》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。

【FISCO】

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below