for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コラム【新潮流2.0】:夏の終わり2020(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)


*09:20JST コラム【新潮流2.0】:夏の終わり2020(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)
◆日曜日は二十四節季の「処暑」であった。暑さが処(や)むという意味だ。この時期に暑さが和らぐというのは約57年(あと10日で正確に57年)生きてきて、実体験として身に沁みついている法則だ。今年の猛暑も、やはりきのうの処暑を境に一服した。異常気象とか気候変動とか言われるが、この法則だけは変わらない。だから毎年のようにこの話を書いている(例えば第66回「夏の終わり」)。ただ変わったのは表現の仕方だ。例年なら「甲子園が終わると秋風が吹いて…」などと書いていたが今年はそれがない。

◆異例の夏だった。お盆休みには帰省も旅行も諦めて巣ごもりしていたひとも多かったのではないか。すでに2学期の授業が始まった学校もある。当方は大学院の講義のスタートがゴールデンウィーク明けからとなった影響で全15週の授業の終了がお盆の時期にずれこんだ。夏休みも取れずじまいだが、別にすることもないので構わない。海も高原もプールも高校野球も花火大会もない、ただ暑いだけの夏だった。

◆マーケットのほうも例年とは異なる夏だった。いつもなら「夏枯れ」で外国人の売りに押されて軟調な展開となるが今年は違った。日経平均はお盆休みの前に2万3000円台を回復、半年ぶりの高値をつけた。東証マザーズも大商いで、こちらは2年2か月ぶりの高値だ。ただし、アメリカ株に比べれば話にならない。ナスダックは連日、史上最高値更新である。

◆異例の夏とは言え、変わらぬこともある。処暑もそうだが、金融緩和で株価が上がるというのは、春夏秋冬に関係なくもはや年中行事か。

◆今年は関東地方の梅雨明けが遅く本格的な夏の陽ざしは8月に入ってからだった。記録的猛暑で最高気温の更新が続いたが、酷暑に耐えたのは実は正味3週間余りだった。その短い今年の夏も行く。いつもとは違う夏だが、やはり夏が終わるのはさびしい。さびしさの半分は不完全燃焼によるものだろう。 その気持ちを、来年以降の、これからの夏にぶつければよい。今年のリベンジだと思えば来年の夏がさらに暑くなろうが、楽しんでやろう、乗り切ってやろうと意気が上がるというものだ。まあ、そろそろ還暦が近くなる我が身は息があがってしまうかもしれないが。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆
(出所:8/24配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)



《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up