for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

暗号資産の普及率と国の信用力【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*09:33JST 暗号資産の普及率と国の信用力【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
暗号資産の普及率はこれまでのところ公式な統計が存在しないことから、いくつかの機関がアンケート方式での調査を行っている。例えば、Statista Global Consumer Surveyは、65ヵ国を対象に、暗号通貨の使用または所有を調査したものである。それによると、暗号通貨の所有と使用の割合が高い国は、ナイジェリア(32%)、ベトナム(21%)、南アフリカ(17%)、トルコ(16%)、ペルー(16%)などであった。

ちなみに昨年の上位国は、トルコ(20%)、ブラジル(18%)、コロンビア(18%)、アルゼンチン(16%)、南アフリカ(16%)などである。ナイジェリア、ベトナム、ペルーなどで急速に普及していると見られることから、暗号資産の普及率と国の信用力との間には一定の関係がありそうだ。その他の主要国については、米国が7%、中国が8%、日本は4%の普及率と、大きな変化は確認できない。

他方、FRBによる「Survey of Consumer Payment Choice」では、3,363名の回答者のうち、ビットコインを保有していると回答したのは35名であった。ビットコインの普及率は1.0%ということになる。普及率は2014年の0.4%から上昇が続いてきたが、2018年の1.2%からは若干低下することとなった。保有動機については、56%が「投資」、23%が「新技術への関心」と回答した。一方で、「商品やサービスの購入のため」、「匿名の支払い」、「銀行を信用していない」、「政府を信用していない」などの回答は限られていたようである。
(株式会社フィスコ 中村孝也)


《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up