for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

外貨準備高の中で輝く金【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*09:35JST 外貨準備高の中で輝く金【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
金価格が高値圏での推移を続けているが、それは金ETFへの資金流入によって支えられている面が大きい。2020年第2四半期の金需要は前年比11%減の1,015.7t。そのうち投資需要は582.9tで、中でも金のETFおよび類似商品が434.1tと全体の需要の約4割を占めた。前年同期と比較して6倍近くの資金流入である。超長期で見ると、金価格は(GDP比で見た)米国のマネタリーベースと連動しているように見えることから、更なる金価格の上昇を期待する向きも少なくない。地域別に見ると、金ETFへの資金流入は北米が中心である。一方、宝飾品などの消費需要が低迷したことに加えて、中央銀行による買い需要も減少した。

中央銀行による買い需要は減少したものの、それでもこの10年で国の準備金は米国債から金にシフトしてきている。重量ベースで見た世界の中央銀行の金準備高は増加基調にある。2018年以降で見ると、トルコ、ロシア、ポーランド、中国、インドなどが金準備高を増加させた。2010年以降で見ても、金準備高を増やした国はロシア、中国、トルコなどであり、2018年以降で見た時とあまり差はないようだ。

外貨準備高に占める金の割合が高い国は、ベネズエラがトップで82.6%、米国、ドイツ、イタリアなどが70%を超えている。一方、金の割合が低いのは、香港、チェコ、コロンビアなどであり、韓国、日本、中国なども低い部類に属する。アジアの国々は総じて外貨準備に占める金の割合が低く、最近の金価格の上昇を国力の増加につなげきれていない面もある。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up