for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:今週の注目:ECB理事会、ラガルドECB総裁会見、米PPI、CPI、JOLT


*07:34JST NYの視点:今週の注目:ECB理事会、ラガルドECB総裁会見、米PPI、CPI、JOLT
シカゴ先物のデータによると、投機家や投資家の円の買い持ち高が前々週からさらに増加した。

今週は、米国の7月JOLT求人、8月生産者物価指数(PPI)、消費者物価指数(CPI)さらに、欧州中央銀行(ECB)定例理事会に注目。

FRBがインフレ指標として特に注視しているコアCPIは3月来の高水準となった7月に並ぶ予想だが2%の目標には程遠く、FRBの高官がインフレの脅威を感じている気配は全くない。パウエルFRB議長は4日のインタビューで、予想を上回った8月雇用統計を「良い結果」としながらも、「我々は活動を支援するために経済には長期にわたる低金利が必要と考えている」と、緩和維持はゆるぎない。一方で、9月会合でのフォワードガイサンス強化の可能性は後退しつつある。一部のFRBメンバーは、FRBがすでに大規模緩和を供給しているほか、市場は十分にFRBが長期にわたり異例な緩和策を維持することを理解しており、ガイダンスの修正を急ぐ必要がないとの意見が目立つ。このためドル売り圧力も後退気味。

一方で、欧州通貨高は一段落しそうだ。FRBがインフレ目標で新指針を示し、想定よりも長期にわたり低金利を維持する方針を示したため一時ドル売りが進み、ユーロ・ドルは1.2ドルを突破し2年ぶり高値を更新した。ECB高官からはユーロ高けん制発言が初めて聞かれた。英国中銀も資産購入拡大やマイナス金利の可能性に言及している。欧州中央銀行(ECB)は理事会で異例な緩和を維持する見込み。ただ、成長、インフレの新たな見通しが発表されるため、次の段階のステップが示唆される。ユーロ高けん制、または、回復が停滞しているため追加緩和の可能性などを見極める。

■今週の主な注目イベント

●米国
7日:休場
9日:7月JOLT求人
10日:8月生産者物価指数(PPI)、週次新規失業保険申請件数、7月卸売在庫
11日:8月消費者物価指数(CPI)

●中国
7日:8月輸出(前年比予想:+7.5%、7月:+7.2%)中・8月輸入(前年比予想:+0.4%、7月:-1.4%)

●欧州
7日:独・7月鉱工業生産(前月比予想:+4.5%、6月:+8.9%)
10日:ECB定例理事会、ラガルドECB総裁会見

●地政学的リスク
ベネズエラ
北朝鮮:
イラン
ガザ紛争
シリア
イエメン
香港


《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up