for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:ユーロ高値試す可能性も、ECBに警戒感なく


*08:02JST NYの視点:ユーロ高値試す可能性も、ECBに警戒感なく
ECBは定例理事会で市場の予想通り、政策金利やパンデミック緊急購入プログラム(PEPP)を維持することを決定した。インフレが目標に近づくまで金利は現行、またはそれ以下で維持。PEPPは少なくとも2021年6月まで維持する。ラガルドECB総裁は回復がまだ脆弱でPEPPを購入枠全額使用する公算が極めて高いとの見解を示した。

連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長がインフレ目標の修正で平均2%とし一時的なインフレ加熱も容認する方針を見せ、想定されていた以上に長期にわたり低金利を維持する政策を示すとドル売りが加速し、ユーロ・ドルは2018年以来となる1.2ドル台に達した。この際、専務理事兼首席エコノミストのフィリップ・レーン氏が「ECBにユーロ相場の目標はないが、金融政策に影響する」とユーロ高けん制発言を行ったため、ECBがユーロ高是正として資産購入の拡大を発表するとの見方も市場で浮上していたがラガルド総裁はPEPPの拡大は協議しなかったとしている。

さらに、ユーロ高に関しては現状で、「過剰反応する必要はない」と言及。ただ、ユーロ高がインフレに下方圧力となるとして、注意深く監視していくとし、注意を促すにとどめた。現行の水準にはECBはまだ警戒感はない。市場はECBが警戒する水準を模索するために上値を試す可能性もある。




《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up