for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

着実に進展してきた人民元決済と残された課題【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*15:27JST 着実に進展してきた人民元決済と残された課題【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
中国人民銀行は、「2020年人民元国際化報告 」を発表した。その中では、人民元のクロスボーダー決済は急速な成長を維持しており、クロスボーダー決済総額に占める人民元決済の比率が過去最高を更新したことが明らかにされている。

2019年のクロスボーダー人民元決済総額は前年比24.1%増の19.67兆元であった。その結果、クロスボーダー人民元決済総額はクロスボーダー決済総額の38.1%と、2018年から5.5%ポイント上昇した。経常収支勘定でのクロスボーダー人民元決済総額は前年比18.2%増の6.04兆元であり、こちらもクロスボーダー決済総額に占める割合は16.1%と、2018年から2.1%ポイントの上昇が実現した。

2019年の香港とのクロスボーダー人民元決済の割合は44.9%で、シンガポール(10.3%)、ドイツ(3.4%)などが続いた。このうち、香港、シンガポール、マカオ、英国、オランダ、アイルランドの構成比は2018年と比較して上昇した。これらの国・地域との取引において、着実に人民元の活用は進展していることがうかがわれる。

一方、課題として残るのが、一帯一路沿線国とのクロスボーダー決済における人民元の活用である。一帯一路沿線国とのクロスボーダー人民元決済総額は2.73兆元(32%増)で、貿易に関する決済が7,325億元(19%増)、直接投資に関する決済が2,524億元(12.5%増)、クロスボーダー金融に関する決済が2,135億元であった。クロスボーダー決済総額に占める割合は13.9%と、2018年から僅か0.8%ポイントの上昇にとどまっている。 (株式会社フィスコ 中村孝也)


《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up