for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

サプライチェーンの再構築コスト【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*10:14JST サプライチェーンの再構築コスト【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
「米中デカップリングの経済的影響」(※1)では、貿易やテクノロジーの流れが遮断されるという観点から、米中デカップリングによる両国への経済的影響を確認した。9月9日にAmcham Shanghaiが公表した「2020 China Business Report」では、在上海米国企業の75%強が「中国外に生産を移す考えはない」と回答する一方で、約4%が「米国に一部でも生産を移転する」、14%が「米中以外の国に一部を移す」と回答した。現時点で中国外への生産移管という動きは限られているようだが、同じ調査では、今後3~5年の最大の課題について71%が「米中関係」と回答し、「米中貿易緊張」について26.9%が「永久に続く」、22.5%が「3~5年続く」と回答している。米中デカップリングが実現する過程では、サプライチェーンの再構築も不可避と見ておいた方がよいのかもしれない。

ドイツ銀行は、テクノロジー冷戦によるICTセクターのコストを「今後5年間で3.5兆ドル」と試算している。内訳は、(1)中国国内最終需要の減少(4,000億ドル/年)、(2)ローカル化によって余分にかかるコスト(1,000億ドル/年)、(3)中国を製造拠点として使用している最終財メーカーのサプライチェーン再構築に起因するコスト(1兆ドル)、で構成されている。

世界のICTセクターの売上は7,300億ドル/年で、中国はそのうち13%を占める。ICTセクターの再輸出比率は平均45%であり、中国国内の最終需要は4,000億ドル/年となる。企業が様々なデータのローカリゼーションを行い、複数のネットワーキング標準をサポートすればコストが2~3%増加すると見込まれ、金額ベースでは1,000〜1,500億ドル/年に相当する。中国に関連するICTセクターの簿価は5,000億ドルであるが、サプライチェーンを再構築するためのコストを簿価の約1.5~2倍、サプライチェーンの移転に5~8年かかると想定すれば、移行費用は5年間で1兆ドルと考えられる。

日本企業の現地法人による中国本土での当期純利益は2.1兆円であり、仮にROEを10%と想定すれば、その簿価は20兆円規模と想定される。これを中国外に移管、再構築するのであれば、日本企業全体にとってはトータルで40兆円規模のコストが必要ということになろう。

(株式会社フィスコ 中村孝也)

※1:here


《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up