for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コラム【アナリスト夜話】ノーベル賞ウィークと“リモート力”(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


*11:23JST コラム【アナリスト夜話】ノーベル賞ウィークと“リモート力”(マネックス証券チーフ・アナリスト大槻奈那)


今週は年に一度のノーベル賞ウィークです。日本のメディアは多くの日本人候補を挙げていますが、海外メディアで挙がっている名前はそこまで多くありません。複数のメディアが触れている候補としては、全ゲノム配列研究の先駆者でオンコセラピー・サイエンス
4564に関わる中村祐輔氏や、数少ない「東大卓越教授」の一人で、自己組織化超分子構造の研究者・藤田誠氏、分子を繋げる新技術の澤本光男氏などがいます。

日本発ではないですが、金融に近いところでは、昨年暗号資産の世界を大きく揺るがせた量子コンピュータ分野に注目しています。グーグル(GOOGL US)が発表した論文にIBM(IBM US)がケチをつけており、実用化は不透明ですが、この分野も、基礎研究は既に高い評価を得ているようです。

本当は、このような金融関連で日本人の受賞候補者を探したのですが、残念ながら殆ど見当たりませんでした。

10月4日、日本の博士課程学生がピークから半減し米独等の2~3分の1となっていると報じられました。少し前のOECDの調査でも、日本の成人は、「新しいことが知りたい」という知的好奇心が世界最低レベルとされています。個人的には、子供の頃から受験科目の暗記に追われ、成人しても残業で忙しすぎることが背景ではと思っています。脳に深く考える余裕がないのです。

そういえば、アイザック・ニュートンが万有引力の法則を発案したのは、1660年代のペスト流行時の “リモートワーク”中とされています(諸説あり)。ニュートンのその他の業績の基礎もこの時期にできたため、「創造的休暇」とも呼ばれています。イノベーションのためには、脳に余裕を与えることが大切なのかもしれません。

現在コロナで強いられているリモートワークや遠隔教育で、これまで余裕がなかった日本人の頭脳からも、とてつもないことが生まれてくれば…と妄想しています。コロナが落ち着いても「創造的休暇」の仕組みが必要ではとも思います。

リモートワークといえば、先週末からトランプ大統領とその側近たちもその渦中にあります。大変な事態ではありますが、そこから案外イノバティブな選挙戦略が生まれてくるかも… 投票日まであと1か月、こちらも目が離せません。

マネックス証券 チーフ・アナリスト 大槻 奈那
(出所:10/5配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より、抜粋)





《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up