for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:ECBのユーロ高けん制でユーロの上昇限定的か


*07:33JST NYの視点:ECBのユーロ高けん制でユーロの上昇限定的か
欧州中央銀行(ECB)が8日に公表した9月9−10日に開催した定例理事会の議事要旨で、メンバーはリセッションや投資家のユーロが必然的に強まるとの憶測に対して油断してはならないとの考えで合意したことが明らかになった。ユーロが7月以降、著しく上昇しており、大規模な金融緩和の状況を一部相殺していると指摘。為替がインフレ見通しに深刻な影響を及ぼすためユーロ高に「油断しないことが重要」と強調している。

水準よりもユーロの上昇ペースを特に警戒している。必要とあれば適切な政策をとると柔軟な姿勢を示した。また、インフレは中期的に引き続き低水準で推移すると見ており、追加措置としては追加利下げやTLTRO条件修正は手段のひとつだとした。欧州中央銀行(ECB)専務理事兼首席エコノミストのレーン氏はインフレ期待が非常に低く、一段と低下するリスクに直面していると警告。追加緩和の可能性やユーロ高是正の動きに警戒し、当面、ユーロの上昇は限定的と見る。




《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up