for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

二酸化炭素排出量の削減が経済に与える影響(2)【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*13:23JST 二酸化炭素排出量の削減が経済に与える影響(2)【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
この原稿は、「二酸化炭素排出量の削減が経済に与える影響(1)」(※1)に続くものである。

BPは、コロナの影響が世界のGDPを2025年に約2.5%、2050年に約3.5%押し下げると見込んでいる。中でも、インド、ブラジル、アフリカなどの新興国は大きな影響を受けるようだ。その結果として、エネルギー需要は2025年に約2.5%、2050年に約3%減少し、石油需要は2025年に約3Mb/d、2050年に約2Mb/d減少すると見込まれている。2025年の石油需要減少のうち約1Mb/dは様々な行動変化の結果であり、残りの減少は経済環境の悪化によるものとされた。

他方、感染のさらなる波が発生した場合には、世界のGDPは2025年に4%、2050年に10%近く減少すると見込まれている。このケースでは、2050年のエネルギー需要は8%低下し、石油需要は約5Mb/d低下する見込みである。
Rapidシナリオにおける2040年の世界GDPは昨年の想定よりも8%低いが、これは主にCovid-19の影響と、気候変動が経済活動に与える影響に関する新たな仮定を反映したものである。2040年のエネルギー需要は約4%引き下げられたが、石油の下方修正が大きく、2040年の一次エネルギーに占める割合は前回想定を4%ポイント下回る。その背景は、輸送部門へのCovid-19の影響の大きさ、輸送における電気と水素の急速な普及、プラスチック使用に関するより厳しい政策の仮定の反映、などである。

地球温暖化が経済活動に与える影響に関する環境・経済モデルや研究は、潜在的な人的コストの多くを把握していないため、不完全で不確実性も高いが、一つの参考にはなろう。

(株式会社フィスコ 中村孝也)

※1:here


《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up