for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

暗号資産普及率は2桁に到達【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*11:33JST 暗号資産普及率は2桁に到達【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
University of Cambridgeの「3rd Global Cryptoasset Benchmarking Study」では、2020年第1~3四半期にサービスプロバイダーで開設された1億9,100万アカウントのうち、最大1億100万人のユニークな暗号資産ユーザーの存在が推定されると分析している。

暗号資産のアカウント数は2016年が4,500万件、2017年が8,500万件、2018年が1億3,900万件、2020年第1~3四半期が1億9,100万件と推移する一方、身元確認済みのユーザー数は2016年が500万件、2017年が1,800万件、2018年が3,500万件、2020年第1~3四半期が1億100万件と推移した。控えめに見積もった暗号資産ユーザー数のユーザー数として、「身元確認済みのユーザー数」が紹介されている。2020年第1~3四半期のユーザー数は2018年比189%増となったが、これはアカウント数の増加(37%増)に加え、個人のIDにリンクされているアカウントの割合が増加したためと説明されている。

「さまざまなサーベイでは、 2018年央時点で先進国の人口の2~9%、2,800万~1億2,600万人のユニークユーザーが暗号資産を所有していた」という結果も紹介されている。「暗号資産の普及率と国の信用力」(※1)でも触れた通り、暗号資産普及率にはユニークな数値が存在するわけではないが、これらを踏まえると、暗号資産普及率は2桁に乗せた可能性が高いと見られる。
(株式会社フィスコ 中村孝也)

※1:here


《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up