for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:米消費者信頼感指数が低下、回復に陰り=支援失効で雇用への不安も


*07:50JST NYの視点:米消費者信頼感指数が低下、回復に陰り=支援失効で雇用への不安も
コンファレンスボードが発表した米10月消費者信頼感指数は100.9と、9月101.3から上昇予想に反して低下し、予想102を下回った。現況は104.6と9月の98.9から上昇し新型ウイルスパンデミックで経済が封鎖された3月以降で最高となった。しかし、期待指数は98.4と、9月102.9から低下。

理由として、1)新型ウイルスの再拡大、2)経済対策が終了、3)雇用への不安が挙げられる。

新型ウイルスが再拡大しているほか、追加経済対策成立のめどがたたず失業者支援策や中小企業支援のPPPも失効し、一部の企業は第2弾従業員解雇を迫られている。雇用への不安も消費を抑制する。消費は特に米国経済の7割を占めるため、成長が停滞する可能性は警戒される。

■10月消費者信頼感指数:100.9(9月101.3、前年同月126.1、3カ月平均96.2)
景況指数104.6(9月98.9、173.5)
期待指数98.4(9月102.9、94.5)

ビジネス
良好17.5(17.6、39.7)
悪化33.9(37.0、11.0)
普通48.6(45.4、49.3)

雇用
十分26.5(23.6、47.7)
不十分53.6(56.1、40.7)
困難19.9(20.3、11.6)

6カ月先

ビジネス
改善36.3(36.7、18.7)
悪化17.0(15.8、11.5)
不変46.7(47.5、69.8)

雇用
増加33.2(32.9、16.9)
減少20.2(16.1、18.0)
不変46.6(51.0、65.1)

欧州では新型コロナウイルスの流行が再燃し、パンデミックとなった4月来で最悪の状況となった。域内最大の経済であるドイツで2週間、第2位のフランスで1カ月ほど再び全国的な経済封鎖を検討しているという。ユーロ圏経済は第3四半期国内総生産(GDP)でようやく成長を回復したが、第4四半期に成長が再び鈍化するリスクに直面する。米国経済も同じ軌道をたどる危険は残る。





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up