for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中小企業にコロナ拡大の影響大【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*10:32JST 中小企業にコロナ拡大の影響大【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
「日銀金融システムレポート」(2020年10月号)では、感染症の影響が続くもとで、金融市場およびわが国の金融機関の金融仲介活動について状況を整理し、わが国の金融安定面への影響やリスクに関する分析・評価を行っている。今回は「感染症の拡⼤が⾦融機関の国内の信⽤リスクに及ぼす影響」、特に「感染症の拡⼤による企業財務への影響」に焦点が当てられているのが特徴である。

感染症が拡⼤するまで、⼤企業は潤沢な流動性や自己資本を確保していたが、中小企業は相対的に劣位にあった。特に中⼩企業の中でも感染症の影響を強く受けている飲食・宿泊・対個人サービスは、⼿元資⾦が3ヵ月分の販管費を下回る企業が全体の8割程度と、他の業種と比べて、その割合が⾼いことに特徴がある。

企業の売上と費⽤が一定程度減少し、各種企業⾦融支援策が一切実施されなかった場合、2020年度の経常利益が赤字の企業の割合は、⼤企業では前年度比5%ポイント程度の上昇にとどまる一方、中⼩企業では 40%ポイント以上上昇し、中⼩企業全体の約4分の3が赤字に陥ると試算されている。また、2020年度中に営業キャッシュフローのマイナスを⼿元資⾦でカバーできなくなる「短期資金不足先」の割合は、大企業ではほぼ変わらない一方で、中小企業では20%程度まで上昇することが見込まれている。「各種企業⾦融支援策によって悪影響は一定程度相殺される」と結論づけられているが、中小企業におけるコロナ禍の影響の深刻さを再認識させる内容である。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up