for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:大統領選で投資家心理改善も警戒も必要


*07:37JST NYの視点:大統領選で投資家心理改善も警戒も必要
投資家は常に、先を見込んで投資を実行している。民主党の圧勝を見込み、または、本日中に選挙結果が明らかになることを想定してか不透明感払しょくや、大規模な財政策への期待に投資家心理が大きく改善した。

大統領選挙を巡るNBCニュース/ウォールストリートジャーナル紙が1日に実施した世論調査結果では民主党のバイデン氏が52%とトランプ大統領42%を依然2桁リードしている。
民主党が政権、議会で勢力を拡大した場合、大規模な緩和が実施される可能性が強まると市場は期待している。

トランプ大統領が続投した場合でも大統領選をめぐる不透明感の払しょく、規模は民主党が求めているよりは小規模となる可能性もあるものの、何らかの経済対策が実施されるめどがたつことは経済や市場にとりプラスとなる。また、パンデミックによる経済の損傷を癒すため連邦準備制度理事会(FRB)の大規模支援が当面継続することも市場を支える要因となってくる。ドルの軟調推移にもつながっているようだ。

短期的な最大のリスクは選挙結果が速やかに判明しないこと。結果が拮抗し、裁判所の判断に任されることになると、結果の判明が遅れ政局不安につながる。この場合、株式相場は10%下落するとの予想もあり、警戒は必要だ。





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up