for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

「外貨準備高—ドル債務」と「経常収支」で判断する新興国の脆弱性【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*10:29JST 「外貨準備高—ドル債務」と「経常収支」で判断する新興国の脆弱性【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
IMF(国際通貨基金)のデータによると、世界の外貨準備高に占める米ドルの割合は、長期的に低下基調を辿ってきたが、コロナショック直後の2020年第1四半期に61.79%と前四半期比から1%ポイント強上昇した。しかし、その後の落ち着きもあり、2020年第2四半期に61.26%と、再び低下へ転じている。

コロナショックを境に外貨準備高を減らした国は、トルコ、サウジアラビアなどである。一方、イスラエル、スイスでは自国通貨安介入の結果、外貨準備高が増加している。新興国の脆弱性を判断するためには、IMFが公表しているAssessing Reserve Adequacyなどが使われることも多い。これは各国に必要な外貨準備高の目処として「輸出×10%+ブロードマネー×10%+短期債務×30%+その他債務×20%」などで算出されたものである。外貨準備高がAssessing Reserve Adequacyを下回る国は小国に多いが、上記のトルコもその中に含まれている。中国は外貨準備高の水準は高いものの、Assessing Reserve Adequacyとの比較で十分な外貨準備高と評価されていないようだ。

新興国の脆弱性を判断するために、「外貨準備高—ドル債務」と「経常収支」で新興国を4つのカテゴリーに分類した。経常赤字であり、外貨準備高よりもドル建て債務が大きく、経常収支が赤字という脆弱性が高い国は、アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、インドネシア、メキシコ、南アフリカ、トルコ、ウクライナである。外貨準備高よりもドル建て債務が小さいが、経常収支が赤字の国は、チェコ、インド、ポーランドなどである。このうちインド、ポーランドは相対的に経常収支赤字の水準が高いことから、脆弱性の高まりが懸念されよう。

(株式会社フィスコ 中村孝也)


《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up