for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コロナショックで債券買入政策に踏み出した新興国【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*16:38JST コロナショックで債券買入政策に踏み出した新興国【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
「IMFは引き続き資産価格を割高と評価」(※1)では、IMF(国際通貨基金)が発行したGlobal Financial Stability Reportでデフォルト率の上昇が警戒されていることを紹介した。同レポートは他にも新興国の債券購入政策について分析を行っている。

IMFによると、感染拡大を受けて、少なくとも18の新興国の中央銀行が債券買入政策を実施したという。新興国の債券買入政策は大まかに3つのケースに分類される。1つ目は、政策金利が既にゼロ近辺であるため、国債買入によって長期金利の低下を意図するものであり、ポーランド、ハンガリー、チリが実施した。2つ目は、政策金利はプラス圏にあるが、コロナによる混乱で一時的に上昇した金利を調整するという目的から債券が購入されたケースであり、インド、南アフリカ、フィリピンが実施した。3つ目は、財政赤字のファイナンス目的と明確に謳った上で、中央銀行が国債を引き受けるケースであり、ガーナ、グアテマラ、インドネシア、フィリピンが実施した。

債券買入政策の効果については、債券価格とセンチメント改善には効果があった一方、為替への影響は限られたと評価されている。比較的前向きな評価が下されているが、「債券買入政策の問題は中央銀行の信用維持と出口戦略にある」として、期限を定めない債券買入政策には警戒感を残している。

(株式会社フィスコ 中村孝也)

※1:here


《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up