for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米国BSEの経験から学ぶデカップリングの物価影響【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*16:40JST 米国BSEの経験から学ぶデカップリングの物価影響【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
「デカップリングによる長期的な経済影響」(※1)では、日欧などの先進国が米国に同調し、中国からの電子機器輸入を制限し3割減らす場合には、輸入制限した地域では電子機器が3~4%ほど値上がりするとの試算を紹介した。「デカップリングによる物価への影響」を考える上では、BSE(牛海綿状脳症)による米国産牛肉の輸入停止措置という経験も興味深いだろう。

2003年度は米国から20万トンの牛肉を輸入していたが(輸入構成比は40%弱)、輸入停止措置を受けて、2004年度の米国からの輸入はゼロとなった。背景などは異なるものの、供給の途絶が物価にどのような影響を与えるかを考える上では、格好のケーススタディかもしれない。

輸入量の急減により、牛肉の自給率は44%に上昇した。国内生産はほぼ変わらずであった一方、豪州からの輸入が大幅に増加した結果、2004年度の生産+輸入は前年度比8%減、輸入量は13%減となった。

2004年度の牛肉価格は国産品が3.8%上昇し、輸入品が13.4%上昇した。価格帯が異なる国産品と輸入品は、別カテゴリーと捉えた方がいいのかもしれない。輸入牛肉に限定して、当時の経験をまとめると、「数量ベースで約4割の供給が減少するところであったが、他からの供給増により、数量の減少は13%にとどまった。一方、価格は13%上昇したので、金額ベースでの市場規模はほぼ変わらなかった」ということになる。

(株式会社フィスコ 中村孝也)

※1:here


《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up