for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

ブロックチェーンの経済効果を享受する国は?【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*17:18JST ブロックチェーンの経済効果を享受する国は?【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
 

PwCの「Time for trust: The trillion-dollar reasons to rethink blockchain」では、ブロックチェーンの経済効果が2021年の660億ドルから、2025年に4,220億ドルへ、2030年に1.76兆ドル(世界GDPの1.4%相当)へ拡大すると展望されている。

2015年9月に世界経済フォーラムが公表した「Deep Shift: Technology Tipping Points and Societal Impact」では、57.9%の回答者が「2025年までに世界GDPの10%がブロックチェーン上に保管される」と見ていた(調査時点は2015年3月、回答数は816件)。それとの比較において、PwCの見通しはやや慎重にも見受けられるが、それでも決して少なくない規模の経済効果が期待されていることに変わりない。
当レポートは、ブロックチェーンによるGDP押し上げ効果を国別に見積もっている。経済効果が大きいのは、中国(4,400億ドル)、アメリカ(4,070億ドル)であり、ドイツ(950億ドル)、日本(720億ドル)、イギリス(720億ドル)、インド(620億ドル)、フランス(590億ドル)などでも500億ドル超の経済効果が予想されている。この予想を前提とすれば、ブロックチェーン技術による果実のほぼ半分は米中に向かうことになり、現状の米中以外との国力の差をさらに拡大させてしまう可能性が高い。

(株式会社フィスコ 中村孝也)




《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up