for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

日本から失われていく暗号資産【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】


*09:14JST 日本から失われていく暗号資産【フィスコ世界経済・金融シナリオ分析会議】
Crystal Blockchainによると、2020年1~9月の日本からのビットコイン流出額は23.0億ドルであったのに対して流入額は14.4億ドルであり、トータルでは8.6億ドルの純流出となった。1~6月は3.3億ドルの純流出であったことから、7~9月には流出ペースがやや加速したと見られる。2019年の純流出は11.5億ドルであったが、このペースが続けば、2020年通年も2019年とほぼ同程度の純流出が生じることになりそうだ。

日本から暗号資産が継続的に失われている状況には、警戒感が必要だ。2013年以降の日本からのビットコイン純流出は累計で41.8億ドルに上っており、2017年以降は継続的な純流出が生じている。累計の純流出額が大きいのは、セーシェル、リヒテンシュタイン、日本などであり、純流入額が大きいのは、米国、イギリス、EUなどである。

「日本から10兆円弱の暗号資産が流出?」(※1)では、インターネット、スマートフォン、携帯電話の普及率を参照して、日本からの暗号資産の純流出は2030年時点で84~86億ドル、2020~30年の累計では690~850億ドルという規模感である可能性を示した。「今後の暗号資産の普及率がS字カーブを描いて上昇する」という想定に立ち、暗号資産の純流出額を再度推計しても、2030年時点では96億ドル、2020~30年の累計では757億ドルと、結果は大きく変わらない。

さらに大きな規模で、日本からは暗号資産が失われていくことが見込まれる。こういったデジタル資本の流出を止めるために、今の日本に必要なものは、規制強化ではなく、流入を促進することで一方的な流出に歯止めをかけるという「デジタル資本吸収戦略」であろう。

(株式会社フィスコ 中村孝也)

※1:here


《RS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up