for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:【12月FOMC予想】市場はQEのガイダンス強化を予想


*07:53JST NYの視点:【12月FOMC予想】市場はQEのガイダンス強化を予想
米連邦準備制度理事会(FRB)は本年最後となる連邦公開市場委員会(FOMC)を今週ワシントンで15日から16日にわたって開催する。パウエル議長の会見に加えて、新たなスタッフ見通しも公表されるため、インフレ、経済、金利見通しに注目が集まる。

新型コロナウイルス第3波が猛威を振るい、再び外出規制が強化され、回復が停滞し、景気後退の深刻化を回避するため、一部では量的緩和(QE)拡大などの憶測もある。JPモルガンは第1四半期の経済がマイナス成長に再び落ち込むと予想。ただ、11月会合での議事録では追加緩和が明確化されなかったため、FRBはこの会合で、ゼロ金利や量的緩和(QE)を現行で維持するとの予想が大半だ。

ブルーンバーグが4日から10日の間に行ったエコノミスト調査で50%以上の回答者が今会合で、FRBがQEを巡り、経済の状況、特にインフレ、雇用状況にリンクさせ、より明確化したガイダンスを発表すると見ている。QEのペース修正に関しては、パウエルFRB議長がパンデミックによる景気の停滞には金融刺激策よりも、財政刺激策が有効性があるとしているため、修正があるとしたらペース拡大よりも、ワクチン効果が支援し、成長やインフレの上昇でQEペース縮小を予想しているエコノミストの方が多い。また、スタッフ予想では、ゼロ金利を2023年終わりまで維持するとの見通しが維持されると見ている。もし、これ以上の緩和がないとした場合、ドルも下げ止まる可能性がある。

エコノミスト調査(BBG)
ガイダンス強化
12月FOMC55%
1月会合20%
3月会合12%
4月会合12%


2021年までにQEペース修正
QE拡大19%
QE縮小32%
修正なし49%




《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up