for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:12月FOMC、追加緩和見送る、QE長期にわたり維持する姿勢表明=ガイダンス修正


*09:00JST NYの視点:12月FOMC、追加緩和見送る、QE長期にわたり維持する姿勢表明=ガイダンス修正
米連邦準備制度理事会(FRB)は本年最後となる連邦公開市場委員会(FOMC)でゼロ金利と、量的緩和の据え置きを決定した。11月に入り、全米で新型コロナウイルス第3波が広がり、規制強化に加えて、政府の追加経済対策にも目処がたたず、労働市場や消費に回復鈍化の兆しが見え始めたため、一部では量的緩和(QE)プロフラムの拡大、または、構成を修正し、長期債の購入を増やすことで緩和姿勢を強めるとの思惑も広がっていた。

しかし、FRBは少なくとも月800億ドル規模の国債、400億ドル規模の住宅ローン担保証券、計1200億ドル規模の購入ペースを維持。構成の修正もなかった。ただ、金利のフォワードガイダンスに並び、「FRBはQEを委員会の最大雇用や、物価安定の目標達成に著しい進展が見られるまで資産購入を継続する」とのフォワードガイダンスに、「今後数カ月にわたり」という一時的な文言から修正。QEの継続姿勢を強化したことは緩和姿勢が強まったとも考えられる。

パウエルFRB議長は来年下半期経済ではワクチンが奏功し強い回復を期待している。FRBのスタッフ予想でもGDP見通しが9月時点から上方修正された。議長は、「9月に比べ下方リスクは弱まった」としている。

■FRBのGDP見通し
2020年:‐2.4%(9月‐3.7%)、2021年+4.2%(+4.0%)、2022年+3.2%(+3.0%)

議長はまた、「現在、現状の政策スタンスは適切」であるとしたが、ウイルス第3波により今後、4−6カ月間困難な状況に直面し支援が必要であることは明らかと指摘。「もし、FRBが経済に追加緩和が必要と感じれば、供給する」と、追加緩和も辞さない構えを見せた。

市場では、QEのガイダンスにおいて、「著しい進展が見られるまで」との表現があいまいとの見方もあり、今後、さらに明確化される可能性もある。




《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up