for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:米ジョージア州決選投票の行方に警戒_


*09:24JST NYの視点:米ジョージア州決選投票の行方に警戒_
米国ジョージア州では現地時間5日に上院2席を争う決選投票が行われる。金融市場は、民主党政権下、上下院両院も民主党が過半数を占め圧倒的多数となるブルーウェーブを十分に織り込んでいない。万が一、2席とも民主党議員が勝利した場合、50対50でハリス副大統領の1票により、主権を握ることになる。

従来、ジョージア州は共和党が優勢な州であったが、最新の世論調査によると票は拮抗しており、むしろ民主党議員の勝率が上昇しつつある。オンラインギャンブル市場でも昨年末までブルーウェーブの確率を25-30%しか織り込んでいなかった。しかし、選挙を目前に控えたここ数日間で、50%近くまで急伸した。今まで民主党下でのねじれ議会で、極左の極端な政策の実施が困難となり、ほぼ現行の政策が維持されるとの見方も支援し、金融市場は上昇してきた。

ブルーウェーブは追加財政策規模の拡大を意味する一方で、経済を増税や規制強化というリスクにさらず。企業の利益率も低下する。アナリストは万が一、ブルーウェーブが現実となった場合、株式相場が10%ほど下落すると警告している。財政の拡大や景気の悪化からドルは一段と下落する可能性も否めない。





《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up