for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

コラム【新潮流2.0】:ずっと真夜中ではよくない(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)


*12:10JST コラム【新潮流2.0】:ずっと真夜中ではよくない(マネックス証券チーフ・ストラテジスト広木隆)
◆こういうご時世だから無観客、リモートでの開催となった昨年大晦日のNHK紅白歌合戦。僕が注目したのはテレビで初パフォーマンスを披露したYOASOBIだ。YOASOBIはボーカロイドプロデューサーのAyaseとシンガー・ソングライターのikuraによる2人組で「小説を音楽にするユニット」。デビュー曲「夜に駆ける」はストリーミング再生回数2億回突破の大ヒットとなった。

◆YOASOBIと似たグループにヨルシカがある。こちらはコンポーザーのn-buna、ボーカルのsuisによる男女2人組のロックバンド。さらに「ずっと真夜中でいいのに。」というグループもある。彼らはネットカルチャー発の次世代型アーティストだが、これら3つのグループに共通するのは「夜」である。これらのグループ及びそのファンは「夜行性」と呼ばれている。

◆いずれも魅力的なユニットだが、僕は通称「ずとまよ」こと、ずっと真夜中でいいのに。が好きだ。繊細でロマンチックなメロディー、歌詞、映像、どれをとっても非常にハイセンスな感性にあふれている。だが、彼らの代表曲「正しくなれない」にも、ユニット名にも表れている通り、どこかシニカルで(良い意味で)ひねくれたものを感じる。

◆相場もそうかもしれない。史上最高値更新が続く米国株、30年ぶり高値の日本株、その背景にあるのはコロナの感染拡大だ。コロナで世の中が大変だからこそ、空前絶後の財政・金融政策が打ち出され、それが株高の原動力になっている。いわばコロナだからこその株高だ。であるならば、「ずっとコロナが終わらないでいい」という、ひねくれた見方も一部にあるかもしれない。

◆しかし、そうした考え方はダメだ。コロナの完全終息は人類共通の願いだ。コロナが終わり、政府・中央銀行の支援がなくとも企業の成長力を評価して株価が上がるステージへの移行を目指すべきである。今はまったく見通せないが、果たしてそういう時がいつかくるだろうか。使い古された言葉だが「明けない夜はない」。ずっと真夜中なんてこともない。ずっと真夜中ではよくないのである。みんなで夜明けを祈ろう。2021年 元旦。

マネックス証券 チーフ・ストラテジスト 広木 隆
(出所:1/4配信のマネックス証券「メールマガジン新潮流」より抜粋)




《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up