for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

大阪金は上値抵抗線ブレイクで上昇基調へ サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)


*13:36JST 大阪金は上値抵抗線ブレイクで上昇基調へ サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。今回は、大阪金についてのレポートを紹介します。

陳さんはまず、NY金の現状について、『年明けから、ドル安を背景に上昇が続いていた。米金融緩和の長期化観測を背景にドルは対ユーロで下落が続き、ドル建て金には割安感が強まっていた』と伝えています。

『米国議会では新型コロナウイルス感染拡大に対応する9000億ドル規模の追加経済対策が成立したことで、一段のドル安観測が浮上していた』として、また、『米上院の多数派を決する南部ジョージア州での2議席をめぐる決選投票が波乱要因として警戒され、安全資産としても金は買われた』と述べています。

こうした背景から、NY金について『6日に1962.5ドルと昨年11月9日以来の高値を付けた』と伝えています。しかし、『南部ジョージア州上院選決選投票の開票が進み、民主党が1議席を確保し、残り1議席も僅差でリードしているとの報道が入ると、ドルが買い戻された』と言及。このため、『ドル建て金は割高感が強まって一転して売られ反落に転じた』とのことです。

続けて、『ジョージア州で民主党が勝利したため、市場が期待していた「トリプル・ブルー」が実現し、次期バイデン政権では一段の金融緩和が想定されている。これは金相場の潜在的な支援要因になるが、一方で、大規模な財政出動が可能になるとの見方から、1月6日は10年物国債利回りが10カ月ぶりに1%台に大幅上昇した』と言及しています。

陳さんはこのため、『金利を生まない資産である金への投資意欲が薄れたようだ』と分析。ただ、『国債の増発はインフレ高進を招くことから、長期的なヘッジ目的の需要もあって金は支えられ、1900ドルを維持した』とのことで、『FRBはインフレ率が2.0%を超えても金融緩和を行うと明言しているため、金の下げにも限界があろう』と考察しています。

NY金の動向については、『しばらくの間、NY金は1900~2000ドルのレンジで推移する』と予想しています。

また、大阪金については、『昨年8月を起点とする上値抵抗線をブレイクしており、もち合いを上抜けたといえよう』と指摘しており、『注意点としては下落している上値抵抗線をブレイクした場合、引き戻し(プルバック)が出現する可能性があることだろう』との見解を述べています。

大阪金では、『6500円を目前に押し返されたことでプルバックが起こりそうだ』予想し、『そのため6200~6300円レベルへの押し目があるかもしれない』とみています。しかし、『上昇基調が継続しているとなれば、そこは押し目買いのポイントになるだろう』と示唆しています。

参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の1月7日付「【【大阪金は上値抵抗線ブレイクで上昇基調へ】」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜


《HH》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up