for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:米1月ダラス連銀製造業活動指数、3カ月連続で減速


*07:37JST NYの視点:米1月ダラス連銀製造業活動指数、3カ月連続で減速
米1月ダラス連銀製造業活動指数は7.0と、12月9.7から上昇予想に反し3カ月連続で低下した。マイナスとなった昨年7月来で最低。6カ月月平均の12.5も下回った。ただ、成長を示すプラス圏は6カ月連続で保った。重要項目の新規受注は6.3と19.6から低下。雇用も16.6と、20.9から低下した。

■米1月ダラス連銀製造業活動指数:7.0(12月10.5、6カ月平均12.5)
新規受注6.3(19.6、14.7)
受注の伸び:5.9(15.9、11.8)
受注残:5.7(9.5、7.6)
出荷:13.5(23.4、20.5)
在庫‐9.3(−8.1、−8.9)
原燃料価格:55.0(50.8、37.1)
商品価格:13.9(19.0、9.0)
賃金手当:17.6(19.6、16.8)
雇用16.6(20.9、14.7)
労働時間:12.6(9.5、8.9)
設備稼働:12.1(9.2、6.3)
見通し不透明性:19.3(13.4、9.1)

6カ月先の見通し
活動指数:29.6(17.8、25.6)
見通し:27.7(24.7、28.6)
生産:43.7(47.3、45.2)
設備稼働:44.2(42.8、41.7)
新規受注:40.1(38.1、41.7)
出荷40.9(41.4、39.9)

原燃料価格:53.9(50.0、39.3)
商品価格:41.2(32.0、24.7)
賃金手当:48.3(46.2、38.4)
雇用31.9(33.4、28.4)
労働時間:17.2(15.1、13.9)

新型コロナウイルス感染が再急増する中、ワクチン普及ペースに遅れが目立ち、さらに、各地で厳格な規制が導入されたままで経済活動の再開もままならない。変異種感染の拡大などで、バイデン新政権は、ブラジル、欧州からの入国する外国人を対象とした入国制限を再導入する。トランプ前大統領の入国制限解除命令を覆した。

今週は連邦準備制度理事会(FRB)が明日から連邦公開市場委員会(FOMC)の開催を予定している。リセッションの深刻化を回避するためにも、FRBは長期にわたり大規模な金融緩和を維持することが必要になると見られる。



《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up