for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NY金は1800~1850ドルレンジでもち合いか サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)


*09:57JST NY金は1800~1850ドルレンジでもち合いか サンワード貿易の陳氏(花田浩菜)
皆さん、こんにちは。フィスコリサーチレポーター花田浩菜の気になるレポートです。今回は、NY金についてのレポートを紹介します。

陳さんはまず、NY金について、『2月に入って金相場は軟調な展開が続いている。これはドルが対ユーロで上昇したためドル建て金に割高感が強まって売られていることが原因だろう』と述べています。

『2020年のユーロ圏の実質GDP速報値が、季節調整済みで前年比6.8%減少し、7年ぶりのマイナス成長となったことが背景にある』とし、『昨年第4四半期(10~12月)GDPは市場予想ほど悪くなかったものの、ロックダウンの延長や新型コロナウイルスワクチン普及の遅れも懸念されている』と伝えています。

一方で、『世界的に株価が上昇していることも安全資産である金には重石になっている。新型コロナウイルス感染への懸念が薄らぎ、ワクチン普及による経済活動正常化への期待感もあり米長期金利が1.14%まで上昇した。金利のつかない資産である金相場には足枷になった』と説明しています。

続いて、『金現物投資は低下傾向にあり、金投資回復にはやや時間がかかりそう』と述べています。

シカゴ連邦準備銀行のエバンズ総裁は、『物価は今春に改善すると見込みだが、21年のインフレ率は1.5~1.75%にとどまると分析し、インフレ目標の到達である2.0%にはより懸念を持っていると述べた』と伝えています。

そして、『金相場がインフレ懸念から上昇に向かうにはまだ先のようだが、米連邦準備制度理事会による長期の金融緩和策に加え、バイデン政権の大型経済対策による追加緩和が金相場をサポートする見込み』と見解を伝えています。

NY金は、『当面、1800~1850ドルのレンジでのもち合いとなり値固めしそうだ』と考察しています。


参考にしてみてくださいね。

上記の詳細コメントは、ブログ「テクニカルマイスター」の2月4日付「NY金は1800~1850ドルレンジでもち合いか」にまとめられていますので、ご興味があればご覧ください。

フィスコリサーチレポーター 花田浩菜





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up