for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

【中国の視点】21年の世界経済、急速な回復は望めない


*09:28JST 【中国の視点】21年の世界経済、急速な回復は望めない
国際通貨基金(IMF)は最新リポートで、2021年の世界経済見通し(WEO)を昨年10月に予想した5.2%から5.5%に上方修正した。主要国などで新型コロナウイルスワクチンの普及開始に伴う経済活動の回復が指摘された。また、機関投資家らも、21年の世界経済にポジティブな見方を相次いで示した。

中国のエコノミストらは、各国による金融緩和の実施や財政支出の拡大を受け、世界経済が2021年前半は大幅な回復を示す可能性があると予測。ただ、これは世界経済の実質的な回復ではなく、政府主導の財政支援によるものだと指摘した。新型コロナ流行に伴う各国の労働者が大幅な収入減に直面しており、先行きの不透明感から収入の多くは貯蓄に回す傾向があり、これが消費の落ち込みにつながると強調した。

また、新型コロナワクチンの普及が主要国などに集中しており、一部経済発展途上国での普及が大幅に遅れる恐れがあると指摘された。ワクチンが全世界に行き渡らなければ、世界経済の本格的な回復が望めないと予測された。

一方、新型コロナ流行でデジタル経済などの普及や発展を加速させるため、これは世界経済の効率化や生産性向上につながると評価された。また、中国経済が2020年も引き続きプラス成長を維持しており、中国経済の拡大が世界経済の成長にも寄与できると強調された。なお、IMFは、2021年の中国経済の成長率について、8.1%まで回復すると予測した。



《AN》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up