for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:米1月JOLT求人件数:パンデミック前の水準回復も採用は鈍化


*08:19JST NYの視点:米1月JOLT求人件数:パンデミック前の水準回復も採用は鈍化
米労働省が発表した米国の1月JOLT求人件数は691.7万件と、12月675.2万件から減少予想に反して増加し、パンデミックにより経済封鎖する前の昨年2月以降ほぼ1年ぶり高水準を回復した。また、失業者総数と求人件数との差も縮まった。昨年4月時には総失業者数が求人件数を1800万上回っていたが、1月には320万まで縮小。4月以前は、雇用のひっ迫で、求人件数が失業者総数を上回る傾向が2014年半ばから6年間ほど続いていた。

労働市場の自信をあらわすとして注目の自主退職者数は1月の340.7万人から331万人へ減少。退職率(Quits rate)は2.3%と、1月2.4%から低下しており、労働市場の回復には依然、警戒感が強い。解雇率は1.2%と、1月の1.3%から低下した。一方で、再採用を含めて、採用は530万人と、1月の541万人から減少。2カ月連続の減少となった。採用率は3.7%と、12月3.8%、昨年の3.9%も下回った。 パンデミックが収束せずロックダウンが再開されたほか、低賃金職に復帰するよりも失業保険を得ているほうが割が良いことなどから、職場復帰を望まない失業者も少なくない。一方、企業は適切な技術を持つ従業員の獲得に困難な状況が続いていると悲観的。米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長が言及しているように、労働市場には大きなたるみ(スラック)が存続している可能性が示唆された。

■雇用たるみダッシュボード

◎金融危機前に比べ状態が改善 パンデミック: 金融危機水準と比較
1月求人率(Job openings rate):4.6%(12月4.5%、昨年4.5% ) 4.4%, 3%
1月退職率(Quits rate):2.3%(12月2.4%、昨年2.3%)     2.3%: 2.1%

◎金融危機前に比べ状態悪化
1月採用率(Hiring rate):3.7%(12月3.8%、昨年3.9%)      3.8%
2月失業率(Unemploynent rate):6.2%(1月6.3%)     3.5%, 5%
2月広義の失業率(U-6):11.1 %(1月11.1%)         7.0%, 8.8%
2月労働参加率:61.4%(1月61.4%)         63.4%, 66.1%
2月長期失業者数(15週以上):55.6k(1月52.8K 20年54.8k) 19k
1月解雇率(Layoffs/discharges rate):1.2%(12月1.3%、昨年1.2%) 1.2%
2月雇用者数(Nonfirm payrolls):+37.9万人(1月+16.6万人)+25.1万人,+16.18万人




《CS》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up