for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:FRBパウエル議長、インフレは一時的との見解を再確認=下院証言


*07:39JST NYの視点:FRBパウエル議長、インフレは一時的との見解を再確認=下院証言
米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は23日、下院金融委員会での公聴会にイエレン財務長官とともに参加し、制御不能なインフレに見舞われるとの市場の懸念払しょくに努めた。累積需要やパンデミックによるサプライチェーンの障害に加えて、価格が非常に低かった昨年からの正常価格への回帰が要因となりインフレは今年いっぱい上昇すると見ているが、FRBの見解でインフレの影響が大幅でも持続的でもないと見ていることを強調した。

また、バイデン政権の1.9兆ドル規模の経済対策が、市場で警戒されているような長期にわたるインフレの脅威になるとは考えていないことも明らかにしている。FRBは高インフレに対処する手段があると指摘。金融政策はかなり緩和的で適切だとし、現状を維持する方針を再確認した。また、長期金利の上昇を抑制するべく、国債ポートフォリオの期限を長期化する計画も今のところないことも明白にした。緩和策の縮小を巡り、時期が来たら、かなり前もって伝達すると加えた。

*証言ポイント
「1.9兆ドル規模の経済対策、インフレの脅威になるとは考えていない」
「いかなるインフレも短期的」
「累積需要やパンデミックによるサプライチェーンの障害に加えて、価格が非常に低かった昨年からの正常価格への回帰が要因となりインフレは今年いっぱい上昇」
「FRBの見解では、インフレの影響は大幅でも持続的でもない」

24日には上院での証言を予定している。




《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up