for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

NYの視点:米1-3月期GDPは消費の回復が押し上げか


*07:39JST NYの視点:米1-3月期GDPは消費の回復が押し上げか
商務省が発表した2月耐久財受注速報値は前月比-1.1%と、予想外に1月+3.5%からパンデミックによる経済封鎖が開始した昨年4月来のマイナスに落ち込んだ。変動の激しい輸送用機除く2月耐久財受注速報値も前月比-0.9%と、やはり予想外に1月+1.6%から4月来のマイナス。企業設備投資の先行指標となる航空機を除く非国防資本財(コア資本財)の受注は前月比-0.8%と、やはり予想外に4月来のマイナスに落ち込んだ。国内総生産(GDP)の算出に用いられるコア資本財の出荷速報値は前月比-1.0%と、予想に通り1月+1.9%から4月来のマイナスに落ち込み、1-3月期の成長にマイナスに寄与する。

民間のマークイットが発表した3月製造業PMI速報値は59.0と、2月58.6から上昇。予想は小幅下回った。米3月サービス業PMI速報値は60.0と、2月59.8から上昇し、2014年6月以降ほぼ7年ぶり高水準となった。3月総合PMI速報値は59.1と、少なくとも2017年来で最高となった2月59.5から低下も引き続き高水準を維持した。サービス業PMIの仕入れ価格は72.7と、2009年の統計開始以降で最高を記録。製造業PMIの仕入れ価格は74.9と、2011年3月以降10年ぶり高水準を記録した。

アトランタ連銀は1-3月期GDP成長見通しを5.42%と、従来の5.74%から引き下げた。
内訳:
PCE(個人消費支出) +3.27
政府 +1.56
非居住住宅設備+0.82
知的所有権+0.39%
居住住宅+0.3%
在庫変化+0.05%
非居住構造+0.04%
純輸出-1.0%

消費の回復が奏功し依然、5%台の高成長が予想されている。





《FA》

当コンテンツはFISCOから情報の提供を受けています。掲載情報の著作権は情報提供元に帰属します。記事の無断転載を禁じます。当コンテンツにおけるニュース、取引価格、データなどの情報はあくまでも利用者の個人使用のために提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。当コンテンツの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。提供されたいかなる見解又は意見はFISCOの見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。情報内容には万全を期しておりますが、保証されるものではありませんので、万一この情報に基づいて被ったいかなる損害についても、弊社および情報提供元は一切の責任を負いません。 【FISCO】
for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up